生産管理コラム COLUMN

さまざまな不良の管理をしよう!

皆様こんにちは!生産管理コラム担当の安川です。
今回は、残念ながら発生してしまった不良実績の残し方(不良管理)についてご紹介します!

日々の業務での加工中や、不運にも輸送中の事故で、製品に問題が発生してしまった。そういった不良品の発生はどうしても起きてしまうと思います。
本来は起きてほしくない不良品の発生。でもおきてしまったものは仕方ありません。
不良品を二度と出さないために、次の生産に活かすため、情報として残して不良管理を行いましょう。

Assistで不良登録をするには?

Assistでは、不良登録をAssist Terminalで行うことができます。加工途中で発生した不具合については、ここで登録を行います。

あらかじめ設定しておいた分類で、どんな原因の不良かを大方分けることができます。発生原因や発生個所については文章で残します。文章だけでは残しにくい不具合の内容や、不具合箇所を一目で共有できるように、写真を添付することも可能です。

不良管理の仕方-不良登録

Assistで不良情報を活用するには?

ためた不良の実績をもとに、過去に同じ製品で不良が発生したかどうかを、作業指示書を用いて現場の作業員に共有することができます。

作業指示書には、該当する生産で過去に不良品発生があったかどうかを判別できる印が付き、それを目印にAssist Terminalでデータを追跡します。
どんな不具合があったのか文章で確かめ、どんな状態だったのかを添付された写真で簡単に確認ができるのです。

不良品がある場合の作業指示書
Assist Terminal

このようにして、同じ失敗を繰り返さないように不良の発生を未然に防ぐことができます。 

Assistで是正処置報告書も作成できる

ISOを取得されているお客様の場合、是正処置報告書を作成する必要も出てくるかと思います。
Assistでは、最低限必要な項目を記入して印刷できる機能を、本体の標準機能として持っています。必要に応じて使っていただくことが可能です。 

不良実績
是正処置報告書

不良は起きないに越したことはありません。発生しないのが一番です。ただ、人間だれしも失敗することはあります。その失敗も、会社としては財産です。
みんなで客観的に評価し、同じ失敗を繰り返さないように共有して品質の向上へとつなげていくためにも、ぜひAssist seriesを利用して不良管理をはじめてみてはいかがでしょうか。 

不良管理に関してお悩みの方は、ぜひ一度こちらからお気軽にご相談ください。
またAssistについて分かりやすくまとめた無料資料もあるため、お気軽にダウンロードください。